土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

知っておくと便利な専門家

スポンサードリンク

土地の売却というのは、素人ではわからないことも多いので専門家に相談するのが一番です。

土地は高額な財産ですから、あとでトラブルになっては精神的・経済的ダメージを負うことになりかねません。

プロの助けを借りてトラブルを避け、上手に売却したいものです。


土地の売却時に知っておくと便利な専門家


不動産業者

普通は、土地など不動産の売却は、不動産会社などに仲介を依頼して行います。
そういった業者を通さず、売主と買主という当事者のみで売買を行うこともできますが、トラブルになった場合、売主は責任を問われるケースもあります。
従って、トラブルを防ぐ意味でも専門家である不動産業者を通して取引を行ったほうが安心です。

仲介の手数料は、通常3%+6万円程度となっています。

不動産会社は土地の売却に関してはプロですから、他の専門家などと連絡を取り合って取引を円滑に進めてくれるはずです。

不動産業者を選ぶ際は信用できる会社を選びましょう。


土地家屋調査士

土地家屋調査士は、土地に関する測量などの調査、不動産の表示登記を行う専門家です。
表示登記とは、建物の面積や場所など土地の状況についての登記簿上の記録のことです。
土地の状況や境界などがあいまいな場合は、土地家屋調査士に相談することになります。

また相続に伴ってひとつの土地をいくつかに分ける場合も土地家屋調査士に分筆登記を頼むことになります。


スポンサードリンク

司法書士

土地家屋調査士は土地の状況に関する表示登記を行いますが、司法書士は、不動産の「権利」に関する登記をするのが仕事です。
権利の登記とは、「所有権」や「抵当権」など担保権に関するものなどです。

不動産は、売買する当事者にとって高価な財産ですから、この権利に関する登記は重要です。
司法書士は不動産会社などと連携して、売却時の所有権の移転登記や抵当権設定登記などを行います。


税理士

税理士は、税務に関する専門家です。
土地を売却して利益を得た場合は、税金を支払わなければなりません。
また相続が絡んでいる場合には、相続税の問題なども発生してきますから、専門家に相談したほうが良いでしょう。相続対策に強い税理士に相談すれば心強い味方になってくれるはずです。

それぞれの専門家は仕事上の関連性も強く、普段から連携して仕事を行っています。
従って一つの専門家に相談すると、専門家同士のつながりで紹介される場合も多いです。
専門家とはいってもそれぞれに強い分野と弱い分野がありますので、その分野で経験豊富な専門家を選びたいものです。