土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

不動産の共有と分割

スポンサードリンク


不動産の分割方法にはいくつか方法がある

相続財産には不動産が含まれている場合が多いものです。そして不動産を分割して相続するのは大変なケースがあります。

不動産の分割方法には、下記のようにいくつか種類があります。

1.現物分割

現物分割とは、言葉通り現物(不動産)をそのまま分割するという意味です。
現金を分割するのは簡単ですが、不動産を分割するということは簡単にはいきません。

土地などの不動産を分割する場合は、土地の分筆を行い分割することになります。
分筆とは、登記簿上でひとつの土地(これを一筆といいます)を、何個かに分割して登記し直すことをいい、この登記のことを分筆登記といいます。

2.代償分割

代償分割とは、相続人の1人が不動産を取得して、その代償として他の相続人に金銭を支払うということです。

例えば、子供の1人(兄)が不動産をもらう代わりに、弟と母親に金銭を支払うといった方法です。
代償分割にする場合は、このケースでいう兄が他の相続人に支払う金銭をもっていなければなりません。

スポンサードリンク


3.換価分割

不動産を売却してその売却代金を相続人で分割する方法です。

この方法だと不動産を金銭に換えることになりますので分割しやすくなります。

4.共有分割

共有分割は、相続人が共有でその不動産を所有する方法です。
それぞれの相続人はその不動産について持分を持ちます。

不動産の分割方法は上に上げたとおり何種類かありますが、分筆の方法でもめたり、代償するための資金がなかったりなどという場合に、とりあえず共有にして相続するといったことがよくあります。

相続のときは良いですが、共有にした場合は後々その不動産の処分などのことでもめるケースがあります。不動産の売却など処分行為を行う場合には、共有者全員の同意が必要になり、話し合いがが難航する場合があるからです。


このように不動産は分割しにくく、また処分するにしてもすぐに売却することができないため、共同相続人の間でも揉め事の種になる可能性があります。

従って上手に分割できるように、あらかじめ準備しておくほうが良いのです。
できれば、不動産の相続対策は生前からしておくのが有効です。