土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

土地を売却するときの流れ

スポンサードリンク


不動産業者の仲介から売却手続きまで

土地を売る場合、自分で買主を見つけるケースもありますが、不動産業者に仲介を依頼するか、不動産業者に直接買取ってもらうのが一般的です。

また、買主を自分で見つけた場合でも、トラブルが起きることもありますので、手続きは信頼できる不動産業者に任せた方が安心でしょう。


不動産業者に仲介してもらうということは、買い手を探してもらうということです。

そのような場合、おおまかに次のような流れになります。


1.仲介を依頼する不動産業者を選ぶ

不動産の売却は、通常不動産会社に依頼して行います。

今はインターネット上で土地の無料査定を行っている会社もいろいろありますので、数社の無料査定を受けることができます。
無料査定を受けることで不動産会社の情報も手に入りますので、比較してよい業者を見つけましょう。

2.不動産会社と媒介契約をする

依頼する不動産会社を決めたら、仲介を依頼する「媒介契約」を結びます。
この媒介契約には3つの種類があります。これはあとで解説します。
不動産会社が土地売却の契約を成立させれば、売主であるあなたは報酬を支払うことになります。

スポンサードリンク


3.不動産業者が広告活動などで買主を探す

どのくらいの期間で売れるかは、不動産会社のネットワークや広告活動、価格や買い手との需給で決まってきます。不動産会社が買い手を見つけてくれば、契約へと進みます。


4.買い付け証明、手付け金

買主から買い付け証明や手付金を受け取ります。手付金は1割程度が一般的です。
この後、買主はローンの申込などを行います。買主のローンが通らないなどの問題が発生した場合は、取引が流れる場合もあります。


5.売買契約

売主と買主の意思が合致したら、売買契約書を取り交わします。


6.代金決済・引渡し・登記

銀行などで、売買代金の決済、引渡しなどが行われます。同日に買主への移転登記も行います。


以上が一般的な不動産の売却の流れです。
権利関係やローン、契約のかたちなどは、それぞれのケース、業者によって違いますので、参考程度に見てください。

実際に売却する場合は、不動産業者に売却までの流れ、必要な書類や手続きなどを良く聞いておきましょう。