土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

土地を売ることができるのは誰?

スポンサードリンク


相続した土地を売却する、所有の土地を売りたいなど、土地を売却するケースはさまざまあるでしょう。

自分の土地を売却する場合は、特に問題はありませんが、「土地売買」には相続が絡んでくるケースが多く複雑になってくる場合もあります。


土地を売ることが出来るのは「所有している人」

当たり前のことですが、土地を売ることができるのは「その土地を所有している人」です。

どんなに近い親族でも自分の名義でない土地を勝手に売ることはできません。

その土地の権利者の名義というのは、「不動産登記簿」(登記事項証明書)に記載されています。

不動産の権利は不動産登記簿(登記事項証明書)で調べることができる

自分の土地や建物の権利関係を知りたいときは、法務局から不動産登記簿(登記事項証明書)を取り寄せれば調べることができます。

この登記事項証明書には、その不動産の所有権の権利関係、それ以外の権利関係が記載してあります。

不動産の登記自体は当事者が申請することができるというもので、強制力があるものではありません。

よって、当事者が登記の申請を行っていない場合は現在の事実と違うということもありえます。

例えば、祖父が亡くなった後、相続登記を行わず、まだ祖父がその土地の名義人になっている場合などです。

スポンサードリンク


土地の権利者になっていますか?

「登記」というものは法的には、必ずしなければならないというものではありませんが、実際に不動産売

買を行う場合は必ず登記手続きをしなければならなくなります。

不動産は大きな買い物ですから、土地の登記をきちんとしてもらわないと、買主が安心して取引すること
ができないからです。

従って、土地を売却したいと考えた場合、自分が土地の権利を持っている登記がしっかりされているかということを確認しておく必要があります。

この辺りの登記の問題は、司法書士に相談するか、仲介を行う不動産会社が教えてくれるはずですから分からない点は、専門家に相談してみましょう。