土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

気をつけたい土地の境界トラブル

スポンサードリンク



売買時や建て直し時などに問題となる隣地との境界問題

土地の売買で起きがちなトラブルが、隣地との土地境界の問題です。

土地の境界というものは、普段はそんなに意識して生活していません。
ところが、土地を持っている人と隣人との間で土地の境界についての認識が違う場合、売買時や、建て直しなどのときに隣人との間でトラブルに発展することがよくあります。

「土地」というものは、高額な財産です。
自分の不動産の境界が思っていたよりも狭ければ、財産が減ってしまうことになるのですから、境界というものにはお互いに神経質になり、トラブルになりやすいのです。
普段親しくしている隣人との間にも亀裂が入るというケースが多々あります。


境界トラブルが起きる原因は境界標がないことにある

通常、土地の境界には、専門家である土地家屋調査士が「境界標」(きょかいひょうしきと読みます)というものを設置しています。

この境界標は土地の境界を示す目印となり、コンクリートや金属でできたものが多いです。

ただ、この境界標が設置されていない土地もあり、公図や人の記憶などに頼っている場合もあります。

親族から受け継いだ土地など、古くからある場合は特に土地の境界があいまいになっているケースが多く、境界の特定が難しくなっているのです。


日本では近隣との距離が近いですから、こういった境界トラブルや自分の家の敷地を越えて塀や屋根、木などが出ているといったトラブルも多く気をつける必要があります。

<測量など土地のことを事前に調べておこう>

こういったトラブルが起きないように、事前に自分の土地のことを調査しておくことは重要です。

売った不動産に欠陥など(瑕疵)があった場合は、売主の責任も追及されることがありますから、トラブルを未然に防ぐ必要があります。

不動産の売買は、信頼できる不動産業者を通して行いましょう。

また土地の事前準備については、土地家屋調査士に測量を依頼するなどして調査することができます。

スポンサードリンク


境界トラブルが起きる原因は境界標がないことにある

通常、土地の境界には、専門家である土地家屋調査士が「境界標」(きょかいひょうしきと読みます)というものを設置しています。

この境界標は土地の境界を示す目印となり、コンクリートや金属でできたものが多いです。

ただ、この境界標が設置されていない土地もあり、公図や人の記憶などに頼っている場合もあります。

親族から受け継いだ土地など、古くからある場合は特に土地の境界があいまいになっているケースが多く、境界の特定が難しくなっているのです。


日本では近隣との距離が近いですから、こういった境界トラブルや自分の家の敷地を越えて塀や屋根、木などが出ているといったトラブルも多く気をつける必要があります。

<測量など土地のことを事前に調べておこう>

こういったトラブルが起きないように、事前に自分の土地のことを調査しておくことは重要です。

売った不動産に欠陥など(瑕疵)があった場合は、売主の責任も追及されることがありますから、トラブルを未然に防ぐ必要があります。

不動産の売買は、信頼できる不動産業者を通して行いましょう。

また土地の事前準備については、土地家屋調査士に測量を依頼するなどして調査することができます。