土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

どんな不動産会社に頼むべき?

スポンサードリンク



不動産会社と結ぶ媒介契約の種類


通常、不動産を売る場合には、不動産会社と仲介契約をして売却を仲介してもらいます。
この仲介の契約は「媒介契約」といって下記のように3種類あります。


1.専属専任媒介契約

この契約は、契約した不動産業者以外の会社に取引の仲介を頼めない契約のことです。
また、この契約では依頼主本人が自分で買い手を見つけてくることもできません。


2.専任媒介契約

この契約も上と同じで、契約した会社以外の不動産業者に仲介を頼むことができません。
ただ、違う点は、依頼主本人が買い手を見つけてくることができるというところです。


3.一般媒介契約

一社だけでなく、他の複数の不動産業者にも仲介を頼むことができる契約です。

専任媒介契約と一般媒介契約のメリット・デメリット

不動産の状況、立地などは様々ありますし、不動産会社にもいろんな会社があります。

どういった契約でどの不動産会社に依頼するのが良いのかというのは、そのケースや担当者によって代わってきたりもするので一概にはいえません。

ただ、専任、一般それぞれにメリット・デメリットがあります。


専任媒介契約を結ぶメリットには

・不動産会社が一つなので窓口が一つになり、情報をまとめやすい

・成約すれば手数料が必ず入るので、不動産会社としては力を入れて仲介活動する可能性が高い


デメリットは

・一つの会社で情報を1人占めして、他の会社などに情報を流さない場合がある

スポンサードリンク


一般媒介契約のメリットは

・たくさんの会社が宣伝することになり、競い合って買い手を見つける活動をしてくれる


デメリット

・成約は早いもの勝ちなので、会社に手数料が入らないこともある。従ってお金をかけての宣伝はあまりしない可能性がある

ということです。


専任にして良かったというケースもあれば、専任から一般媒介契約に変えて上手く成立したという
ケースもあります。

この媒介契約は後で変更することができますから、様子を見て対応していけば良いでしょう。


どんな不動産会社を選べばいいか?

大手の業者であれば宣伝ネットワークが強い傾向があり、地元の業者は地元の情報に強いでしょう。
不動産を売却するためには、お客さんを見つけてくる力が必要です。

その業者が買い手を見つけてくるだけの力があるか、そして、情報を出し惜しみせず、きちんとお客さんに伝えてくれる誠実な業者に頼むべきです。