土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

相続登記は済んでいますか?

スポンサードリンク

親から受け継ぐ財産には土地などの不動産が多いので、土地の売却には相続が関係してくるケースが少なくありません。

よくあるのが、親から相続した土地を売りたいというケースです。

親から相続した土地を売りたいが、登記の名義は親のままになっているという場合は、土地を売却する前に、相続登記をしておく必要があります。

きちんと登記手続きをしておかないと、売却手続をすることはできないのです。


土地の相続にはいろんな人が関係してくる

親から受け継ぐ財産はいろいろありますが、相続財産の中には不動産が入っていることが多いです。

不動産というものは、相続人が1人の場合はそんなに問題にはなりませんが、相続人が何人もいると複雑になってきます。

通常、相続が発生すると、遺産は法定相続人(法律上決められている相続人のこと)で分けられることになります。遺言書がない場合は、遺産分割協議が行われて、誰がどの財産をもらうかなどが決められることになります。

遺産分割協議の結果、ある土地が自分1人のものになったという場合は、共同相続人全員の実印・印鑑証明が添付された「遺産分割協議書」を添付して相続登記を行います。

従って、他の相続人の同意なしに勝手に自分1人への土地の相続登記はできないのです。

スポンサードリンク


法律で決められた法定相続分通りに相続登記をする場合は、遺産分割協議書は添付せず、相続人のうちの1人が相続登記の申請をすることができます。

その場合は、不動産は相続人同士の共有ということになります。

不動産が共有となった場合、売却するときには共有者全員で決めなければならないため、処分時にトラブルになってしまうこともありますので注意が必要です。


他にも、不動産を分割して相続する方法や売却して代金を分割する方法、共有など不動産の分け方は様々なものがあります。


相続登記は、相続人の特定、遺産の分割など複雑な面もがありますので専門家に相談しましょう。親族同士でも関係が複雑になりやすいですが、後のことを考えて、権利関係はしっかりしておきましょう。