土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

土地のことを自分で調べよう

スポンサードリンク

土地の売買は、金額が大きく、権利や境界などが複雑だったりすることもあるので、様々なトラブルを避けるために、専門家を通して行ったほうが賢明です。

しかし、売却するのは自分の土地なのですから、権利について、また税金や費用については知っている方が良いでしょう。

特に土地の売却で相続が絡んでいる場合は、共有か、単独所有になるのか。最終的に土地の権利者には誰がなるのかなど権利絡みで複雑になる場合があるので予め注意しておく必要があります。

また税金や費用についても自分である程度は把握しておいたほうが良いでしょう。


登記簿(登記事項証明書)の調べ方

現在土地の名義になっているのは誰か?

土地に抵当権などの権利が付いていないか?

など土地の権利に関することは、登記事項証明書を見れば分かります。

登記簿を調べるには、3つの方法があります。

1つめは、法務局にいって「登記事項要約書」※をもらう方法(以前でいう閲覧)2つ目は、インターネ

ット上で閲覧する方法、3つめは、登記事項証書登記簿(以前でいう登記簿謄本)を取得するという方法です。


スポンサードリンク


登記事項証明書は3つにわかれている


登記事項証明書は「表題部」「甲区」「乙区」の3つに分かれています。

表題部というのは、不動産の表示について、甲区と乙区は権利関係についての表示が記載されています。

甲区は、所有権に関することを記載してあり、乙区はそれ以外の権利について記載してあります。

つまり、その土地の所有権の名義人が誰か?ということは甲区に記載されており

抵当権などその土地にかかる所有権以外の権利のことは乙区に記載してあるということです。


現在はインターネットからも閲覧ができるので、権利について把握しておきたい場合は、登記記録を見る
などしておくと良いでしょう。


また、それ以外にも費用や税金についての把握や、不動産の境界についてなど事前に調べておくことが必要です。


※以前登記記録は紙の「登記簿謄本」に記録されていましたが、現在はほとんどの法務局がコンピュータ化されてきており、磁気ディスクに記録されるようになっています。従って、昔のように登記簿を直接閲
覧するということはできなくなっているのです。
従来の閲覧の変わりに登記事項要約書、謄本の変わりに登記事項証明書を請求できることになっています。