土地売却TOP | 土地を売ることができるのは? | 土地売却の流れ | 相続登記は済んでいますか? | 相続の基礎と相続トラブル | 当サイトについて |

土地売却にかかる費用

スポンサードリンク


不動産売却の費用は意外とかかるもの

不動産を売却する場合、費用の面も考えておく必要があります。一般的に不動産は金額が大きいので、費用を予め把握しておくほうが良いでしょう。

不動産会社に依頼する際に費用がどのくらいかかるかしっかり聞いておきましょう。

不動産のケースは一件一件違うのでどれくらいと一概にはいえませんが、目安としてかかる費用を挙げておきます。


<不動産を売るとき>

・仲介手数料(不動産会社に仲介を依頼した場合)
・契約書に貼る印紙代
・測量費用(境界確定など測量の必要があった場合)
・売却した利益に対しての税金
・登記費用(あった場合)

まず不動産会社に仲介を依頼した場合、仲介手数料を支払います。仲介手数料は、一般的に物件価格の3%+6万円+消費税ということになっています。これは土地売却が取引が成立した場合に支払います。
印紙代は、金額は売買金額によって変わります。この印紙は売却時の契約書に貼付するものです。
そのほか、土地の境界などで測量を依頼した場合は、測量費用を、登記を依頼した場合は登記費用、司法書士への報酬などがかかってきます。またその他いろいろ諸費用がかかるケースもあります。

また、売却益が出た場合は、税金を支払う必要もあります。
売却時の税金について
税金についてよく分からない場合は、税理士に相談したり、国税庁のホームページなどで調べておきましょう。


スポンサードリンク


<不動産を買うとき>

また不動産を購入するときの費用は以下のようなものがあります。

・仲介手数料(不動産会社に仲介を依頼した場合)
・契約書に貼る印紙代
・住宅ローンの事務手数料、保証料
・保険料
・印鑑証明、住民票など取得代金
・不動産取得税
・登記費用(あった場合)

ケースによって違いますが、不動産を購入する場合の手数料は、物件価格の5%〜8%ほどといわれています。

不動産を購入するときも、売却するときも、諸費用のことを予め知って上手に売買を行いましょう。